登別ロータリークラブ 2017−2018  委 員 会 活 動 計 画

■ クラブ奉仕委員会
 委員長   有 坂 了 堅
§活動方針
 本年度の地区ガバナー及び第9グループガバナー補佐並びにクラブ会長の方針に沿って、各会員との連携の下、会員の和を基本としてきめ細かなクラブ活動展開を目指します。

§事業内容
 1.会員の皆さんの持ち味を生かして会員増強活動を展開します。
 2.例会参加率の向上を目指します。
 3.楽しく有意義な親睦の機会と場づくりに努めます。
 4.ITを活用するなど新しい会員コミュニケーションと広報活動の仕組みづくりに努めます。
 5.定期的な会員研修の機会づくりに努めます。

■ 会員増強退会防止委員会
 委員長  寺 島 紀子夫
 副委員長  高 岸 満 則   
 委 員  仲 川 弘 誓   
§活動方針
 クラブ活動を図る上でもっとも大切なことは会員の増強であり、退会を防止することです。親睦を深めて楽しく例会に出席して戴ける様協力いたします。
§事業内容
 1.退会者への再入会の呼びかけ、及び「ロータリーの友」の配布。
 2.長期欠席者に対し、会報の送付等。
 3.職業分類充填の加入促進、女性会員の入会促進。

■ 例会運営委員会
 委員長   上 田 博 子
 副委員長   若 木 日出男
 委 員   山 地 勝 彦、守 屋   聡
§活動方針
本年度会長方針に沿って、楽しい例会・行事となるよう努めます。
出席率の向上につながる魅力あるプログラムを企画し、クラブの活性化を目指します。
§事業内容
 1.例会のプログラムなどを早めに周知し、出席を促す。
 2.毎例会出席報告を行う。
 3.会員の卓話を増やし、会員同士の相互理解やクラブの歴史の検証など
   クラブ充実のための礎とする。
 4.100%出席会員を始めとする、優良出席者に記念品を贈呈する。
 5.親睦活動委員会と連携を密にし、夜間例会・移動例会・年次大会等の出席を
   呼びかけます。

■ 親睦活動委員会
 委員長   川 田 弘 教
 副委員長   横 尾 教 光
 委 員   早 川 邦 雄、奥 山 博 之
§活動方針
 「出席したくなるロータリークラブ」を継承し、登別ロータリークラブならではの、地域特性を充分生かした新鮮で魅力ある親睦活動を行い、会員相互の交流と理解の促進を図る。

§事業内容
 1.慶事記念品の選定及び欠席者への配慮。
 2.各種親睦会の活性化。
 3.楽しいニコニコBOXを。

■ 会報・広報委員会
 委員長   山 瀬 隆 幸
 副委員長   石井 憲一
 委 員   石 田 佳 久
§活動方針
 クラブ週報の定期的発行やクラブホームページの定期的更新、更にロータリーの友及びRIや地区からの発行物を、全会員に周知し、興味関心を抱かせ出席率向上の一端とする。
 また、ホームページ等を通して、ロータリークラブ活動について一般市民及び各種団体へ啓蒙する。

§事業内容
 1.クラブ週報の定期的発行
 2.クラブホームページの定期的更新
 3.例会での『ロータリーの友』等情報誌の紹介
 4.会員のMy Rotary 登録に協力・推進

■ 会員研修委員会
 委員長   仲 川 弘 誓
 副委員長   高 橋 恒 夫
 委 員   斎 藤 正 史
§活動方針
 クラブリーダーシッププランに基づき、現クラブ指導者に各種研修会への出席を促すだけでなく将来の指導者を育成する為の研修を行う。
§事業内容
 1、クラブ指導者の地区研修会への出席。
 2、新入会員への情報提供とオリエンテーションの実施。
 3、現会員への教育機会と情報の提供。

■ 職業奉仕委員会
 委員長   八 木 橋  俊 輔
 副委員長   小和田   司
 委 員   中 牧 昇 一
§活動方針
 ロータリーの根幹ともいうべき「職業奉仕」の理念に基づいて、ロータリアン各自の職場、地域社会での奉仕の実践を通し、「地域を育み、大陸をつなぐ」の指針に応えて、普及及び実践に努めます。

§事業内容
 1、四つのテスト・ロータリー綱領・職業宣言を啓蒙し、クラブ会員への理解に努める。
 2、職業上の高い道徳水準、倫理観を得るため、会員卓話を通して「奉仕の理念(心)」を育みます。

■ 社会奉仕委員会
 委員長   中 牧 昇 一
 副委員長   田 中 芳 郎
 委 員   寺 島 紀子夫
§活動方針
 地域社会に対する諸責務を遂行するうえに役立つ指導と援助を与えるような方策を考案しこれを実施する。

§事業内容
 1.少年野球大会への支援。
 2.『障がい者と父母の会ぽぽクラブ』との交流。
 3.市立図書館への支援。
 4.植樹事業。
 5.のぼりべつ元鬼協議会へ参加。
 6.その他。

■ 青少年奉仕委員会
 
 委員長   鈴 木 高 士
 副委員長  千 葉 泰 二
 委員   上 田 博 子
§活動方針
 青少年への、役に立つ指導・支援は未来への投資であるという理念の基、様々な方策を考案しこれを実施する。
§事業内容
 1.登別明日中等教育学校との交流事業を推進し、インターアクトクラブの設立を模索する。
 2.日本工学院と室蘭工業大学との交流事業の推進。
 3.RYLA世代の発掘。

■ 国際奉仕委員会
 委員長   斎 藤 正 史
 副委員長   須 賀 秀 郎
 委 員   有 坂 了 堅
§活動方針
 国際奉仕についてロータリーが提唱する基本方針と第2510地区の年度方針に基づき、会員各位の参加とご協力をいただきながら、下記の事業を行いたい。
§事業内容
 1.世界社会奉仕事業(WCS)プログラムへの参加。
 2.室蘭工業大学、日本工学院の留学生など近隣在住外国人との交流、卓話の実施。
 3.登別市内における国際交流活動への参加。
 4.米山記念奨学事業への協力。

■ ロータリー財団委員会
 委員長   俵 藤 亥久生
 副委員長   遠 藤  秀 雄
§活動方針
 ロータリー財団は1917年「全世界的な規模で慈善、教育その他の社会奉仕の分野でより良き事をするために基金をつくろう」という理念に基づいて発足している。それを原資として諸活動を起こし、奉仕の理想の具現を求めるロータリーの中心的な事業であることを深く認識してひたすら募金の増進に努めたい。


■ 米山奨学委員会
 委員長   鈴 木 高 士
 副委員長   皆 川 和 廣
§活動方針
 米山記念奨学会は、「日本の大学、大学院に在籍している外国人留学生に奨学金を支給し、国際理解と親善に寄与することを目的とする」とあり、ロータリー財団奨学金事業は国外版の事業とするなら、米山奨学金は日本独自の奨学金制度である。この趣意を心に念じて機会ある度に寄付を募りその充実をはかりたい。