派遣メンバー 2006

 チームリーダー:橋本 信夫 * team leader: HASHIMOTO Nobuo

氏  名:橋本 信夫
プロフィール:
.1932年:岩内町生まれ、岩内高校卒業
.1957年:北海道大学大学院獣医学研究科修士課程終了
.1957-72年:札幌医科大学助手・講師
.1962年:ニューヨーク市公衆衛生研究所留学
.1962-77年:ニューヨーク血液センター研究員
.1975年:リベリア共和国立医学生物学研究所派遣
.1977年:北海道大学獣医学部教授
.1996年:北海道大学名誉教授
専  門: 獣医公衆衛生学・人獣共通感染症学
所属団体:札幌彫刻美術館友の会(会長)、札幌円山動物園友の会(会長)
趣  味:美術館・博物館巡り・アフリカ彫刻収集・バロック音楽鑑賞・採集的野生生活

ロータリー歴:
.1996年:札幌西RC 入会
.1997年:GSEチームリーダー
.1999年:地区GSE委員長
.2004年:地区国際奉仕委員長

地区派遣GSEチームリーダーとして:
 当地区のGSEプログラムは2002年を境に、従来の米国、カナダ、オーストラリアなどの英語圏との交流からアジアの発展途上国へと大きく転換した。今回のタイ国派遣はフィリピンに続く、アジアでの第2弾である。
 昨年度はタイ国の3350地区チームが来道し、各地で会員によるホームステーを背景に、多くの人々が南国情緒豊かなタイ国の生活文化の一端に触れることができた。元来、国際親善は住民の異文化への暖かい眼差しと好奇心が土台となって深まって行くものなのである。
 わが派遣チームは、GSE委員の指導の下に毎月1回のミーテングを重ね、各メンバーの持ち味を生かしながらチームとしてまとまりを帯びてきた。このチームがタイ国の人々と一緒に、言葉や生活習慣の違いを乗り越えて互いに好奇心の目を輝かせ、職業や生活文化の共通点と相違点を認め、納得し合うことから新しい発想や行動の芽が生れ、大きく育って行くに違いない。
 日本を取り巻く厳しい国際情勢の中で、身近なアジアにおけるこれらの国際交流体験が若者たちの目を開かせ、次の時代に連なる新しい国際理解の一歩になれば幸いである。


 田畑 美保 * member:TABATA Miho

氏  名:田畑 美保
性  別:女
年  齢:35歳
婚  姻:未婚
職  業:准看護士
最終学歴:小樽市医師会看護専修学校
推薦RC:札幌北RC

自己紹介:
看護士になり11年になりました。またICUで働くようになってから9年が経ちました。いつの頃からか異国での生活や文化、また異国の看護士の仕事にも興味を持つようになり、海外旅行を楽しみながら、時折病院や医療施設を見学する経験をしてきました。そのうちに、それだけでは満足できずに数年前に思いきってオーストラリアに行き、英語を学び、医療施設で研修を受ける機会を与えられ、忘れられないような素晴らしい経験をしました。そのことが今でも忘れられず、同じような経験がまた出来ないだろうかと願っていました。
 今回、RCでグループ交換研修というプログラムがあるということを知り、応募したところメンバーに選ばれ非常に喜んでいます。 今までの経験を踏まえて、この与えられた機会を有効に生かしたいと思います。これから一年の研修を経てタイを訪問することになるのですが、きっと多くの新しい学びや経験がある事と思います。他の3人のメンバーと協力しあい喜びや悩みなども分かち合いたいと思います。


 後藤  敦 * member:GOTOH Atsushi

氏  名:後藤  敦
性  別:男
年  齢:32歳
婚  姻:既婚
職  業:財務(経理部所属)
最終学歴:北海道大学大学院工学研究科
推薦RC:札幌西RC

自己紹介:
農業の道を目指して北海道に来た。学生時代に「よさこいソーラン」、「妻」という運命的な“出会い”があった。
 最北の地を目指した農業の道から外れ、事業・イベントの仕事がしたくて、北海道新聞社に就職。
入社後、事業の道からかなり外れ、購買部門・印刷部門を経て経理部に在籍中。
 今回のGSEプログラムが、私に更なる“出会い”のチャンスを与えてくれた。この経験が、今感じている不安を取り除き、私の人生をきっと豊かに、確かな自信になってくれると期待している。


 中内 健太 * member:NAKAUCHI Kenta

氏  名:中内 健太
性  別:男
年  齢:24歳(今年度誕生日で25歳)
婚  姻:未婚
職  業:臨床検査技師
最終学歴:北海道立衛生学院
推薦RC:札幌清田RC

自己紹介:
私は北海道赤十字血液センター検査部に勤務している臨床検査技師です。勤めてから二年ですが、日々輸血を必要としている患者さんに安全な血液製剤を確実に供給出来るように検査を行っています。私が派遣団員に応募するきっかけになったのは、もし参加することが出来たならば今後の人生において物事に対する考え方を変えてしまうような大きな影響力があるだろうと考えたからです。私自身まだ一度も海外に行った経験がないため、派遣先で実際に自分が見て、聞いて、肌で感じるであろう様々な体験はとても新鮮で興味深いものになるだろうと考えます。タイでは北海道の魅力について伝えたいと思います。またタイの衣食住、歴史、文化、習慣、気候、言語を現地の人々と交流を図りながら滞在期間中一つでも多く学んできたいと考えています。


 高倉美穂子 * member:TAKAKURA Mihoko

氏  名:高倉美穂子
性  別:女
年  齢:29歳
婚  姻:未婚
職  業:介護員
最終学歴:道都大学
推薦RC:上磯RC

自己紹介:
この度、ロータリー財団研究グループ交換事業のチームメンバーに参加できる事になりました高倉美穂子と申します。私の職場は、グループホーム(認知症高齢者対応型共同生活介護)めぐみといい、そこで介護員の仕事に従事しております。
この様な機会を有効に、なおかつ充実した成果のある結果にしたいと心より願っております。

Page top | Home
Copyright (c) 2006 All Rights Reserved by RI D2510 GSE Committee